記述 商登 質問集

記述 商登 質問集
検討て何?
実体上の要件揃ってるか否かを調べるんです。
登記、議事録、聴取を見てはじめて登記できる。
登記していい、を肯定する要素より
否定する要素は本当にないのか?
を見るのです。
別紙 聴取を全部見てから 後から一個ずつ
登記できるか否か?を再度みていくのか?
そうです。
でもね、抜けよるんですね。
自分がさっき言ったひとことが抜けるばっかりに「登記する、しない」がひっくり返ってしまうのです。
一回目みたときに 思ったことを必ず書く。
二回目の一個ずつ登記するかどうか?をチェックしてるときは
そこのそれしか見てないから。
登記、議事録、聴取を見てはじめて登記する、しないが確定する。
それを忘れないでください。
京橋チカラの司法書士試験 攻略法 ※半年合格した40代の男の教材・講座 
タイトルとURLをコピーしました